堺の昆布処こぶ政

昆布の種類と産地


主要昆布の生産分布図


真昆布

高級なだし昆布や高級昆布加工品である塩昆布、 極上おぼろなどの原料になる。

このページのトップへ

三石(日高)昆布

産地名から日高昆布ともいわれ、繊維質が柔らかく早く煮えることが特徴で「早煮昆布」ともいわれる。
佃煮・昆布巻・関東のおでん用などに利用され、一般家庭用のだし昆布・惣菜昆布として利用される。

このページのトップへ

長昆布

その名の通り全長が6〜15mもある。
わが国で生産量の最も多い種類で、大衆的な佃煮・昆布巻・おでん昆布・早煮え昆布などの原料である。

このページのトップへ

厚葉昆布

長昆布と同じ地域の沖側で採れる昆布で、だしに少々甘みはあるが薄く、だし用より佃煮の原料とされる。

このページのトップへ

利尻昆布

だしが澄んできれいなことから関西のうどん店などで利用される。
真昆布よりやや硬質である。

このページのトップへ

羅臼昆布

真昆布に匹敵する優良品。だしは風味が濃厚で高級料理の材料として需要が多い。

このページのトップへ

細目昆布

葉幅がやや細く短い昆布で一年生である。
出し昆布として使用されず、佃煮昆布や機械掻きとろろの原料となる。

このページのトップへ