堺の昆布処こぶ政

堺こんぶロード

日本人の食生活と切り離すことのできない昆布、北海道で収穫 された昆布は、当初函館辺りから日本海沿岸の港伝いに越前の敦賀港 に運ばれ、敦賀から陸路を通って琵琶湖へ、琵琶湖の水運を利用して 京の都へ。これが『こんぶロード』の始まりとなりました。そして、 北前船が活躍する江戸時代、日本海の『こんぶロード』は北陸で 積み荷を下ろさず、下関から瀬戸内海を経由する西廻り航路で 『天下の台所』大阪、堺まで到着しました。大阪の廻船問屋、 昆布屋伊兵衛が河内木綿などの特産品と入れ換えに、北海道から 昆布を北前船で持ち帰り、堺に陸揚げしたと伝えられています。 こうして堺に昆布が入ってきましたが、大阪という大消費地に近い という立地条件に加え、加工に必要な刃物が特産品ということから 昆布加工は順調に発展しました。だし昆布はもちろん、塩昆布(佃煮)、 おぼろ昆布、とろろ昆布など様々な商品に加工されました。

堺こんぶロード